詰襟

詰襟タイプ

伝統的な古くからある形で一番学生らしいスタイルです。襟部分は以前は白いプラスチック製の取り外し可能な仕様でしたが、現在は白いパイピングが挟んであるラウンドカラータイプが主流となっています。

学校が推奨しているメーカー製のものには基本的に標準マークが付いていますが、一部の種類(サイズアップ等の成長に合わせ変形するもの)には付いていない場合があります。

ボタン

桜(中)ボタン
主に中学校で使用されているボタンです。桜のモチーフに”中”の文字が描かれています。学校指定のボタンがない場合はこの桜ボタンをつける事が多いです。

 

稲穂(高)ボタン
主に高校で使用されているボタンです。稲を模したモチーフに”髙”の文字が描かれています。学校指定のボタンがない場合はこの稲穂ボタンをつける事が多いです。

チェンジボタン(裏ボタン)
フロントボタンを裏側から引っ掛けて使います。
袖ボタンは直接縫いつけるものが多いです。

生地・デザイン

詰襟といえば黒詰襟が一般的ですが、生地やデザインが違う学校オリジナルの詰襟タイプもあります。

サイズアップタイプ

サイズアップとは成長に合わせて袖丈や着丈、胸回りなどを伸ばして大きいサイズにすることが可能です。成長期のお子様はすぐに制服が小さくなってしまうため人気の詰襟です。
商品によって伸ばせる長さや、箇所は異なります。

タイトルとURLをコピーしました